泡パックとは?簡単に毛穴ケアができるスキンケア方法を紹介!

泡パックとは?簡単に毛穴ケアができるスキンケア方法を紹介!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

泡パックとは?簡単に毛穴ケアができるスキンケア方法を紹介!

泡パックという言葉を、一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

ただ、それが具体的にどういうものかと聞かれると、回答に悩みますよね。

そこで本記事では、泡パックについて詳しくまとめました。

泡パックに興味のある人は、ご参考ください。

目次

泡パックとは?シートマスクとの違い

泡パックとは、その名の通り泡で顔をパックすることです。

昨今、人気のある美容効果の高い顔パックのことでも知られています。

濃密に泡立てた洗顔料を顔全体に乗せて、30秒~1分間パックすることによって、毛穴に詰まった皮脂汚れが溶けていきます。

これにより、肌表面の老廃物がどんどん浮き上がるので、肌がワントーン明るくなります。

例えば、くすみ肌の悩みを解消するのに最適です。

泡は柔らかくて刺激が少ないので、肌への負担も抑えられます。

シートパックとの違いは?泡パックのメリットに迫る

パックと聞くと、シートマスクを思い浮かべる方もいることでしょう。

しかし、シートマスクは使い捨てなので、都度購入する必要があります。

物によっては値段が高いので、購入をためらってしまう人もいるでしょう。

一方、泡パックは、通常の洗顔料で簡単にパックをすることができ、財布にも優しいです。

また、シートマスクは、肌に貼り付けて10分以上放置するのが一般的ですが、泡パックは1分程度で効果を実感できます。

他にもシートマスクは長時間肌に当てることで、肌に負担がかかりやすいです。

肌への刺激は、ニキビを始めとする様々な肌荒れの原因となります。

ただ、泡パックは先ほど解説した通り、柔らかくて優しい泡が肌に密着するので、負担を抑えることができます。

敏感肌など、皮膚が弱い方でも安心して使えるでしょう。

泡パックを行うタイミングとやり方

泡パックはお風呂上がりの洗顔後に行うのがベストです。

なぜなら、お風呂に入った後の肌は、肌の角質が柔らかくなって水分が浸透しやすいからです。

続いてやり方ですが、泡パックのやり方ですが、洗顔後はタオルでさっと拭き取るようにしましょう。

顔が水で濡れたままだと、泡が密着しにくくなるからです。

タオルで拭き取ったら、洗顔料を用いて泡を作ります。

泡を塗布する際ですが、手が直接肌を触らないように、泡を肌にのせていくようなイメージで塗っていきます。

30秒~1分間ほどそのままにし、最後は優しく洗い流しましょう。

このように、泡パックは簡単にできてしまいます。

パックを上手く行うための方法3選!

泡パックの効果を出すには、できるだけ濃密な泡を作ることがポイントです。

本段落では、泡パックを上手く行うための方法をまとめました。

①泡立てられる洗顔料を用意する

まずは洗顔料を用意しましょう。

普段使っているものでもいいですが、泡立てられるものが条件です。

また、洗顔料を使う時ですが、保湿成分にも注目してみてください。

保湿は肌に潤いを閉じ込める上で重要な役割を持っています。

例えば、シアバターや馬油、マヌカハニー、オリーブオイルなど、自然由来の成分は保湿力が高い事で知られています。

②泡立てネットを使ってぬるま湯で泡立てる

モコモコでもっちりとした泡を作るには、泡立てネットが不可欠です。※100均に売っている安物で大丈夫です。

ネットを使用する際ですが、洗顔料をつける前に少し濡らしておくことで、より泡立ちやすくなります。

また、この時ぬるま湯を利用することで、マシュマロのように濃密でキメの細かい泡を多く作ることができます。

もう1つ気を付けたいのは水気の量です。

水分が多いと、モチモチした固い泡にはなりづらいため、水分量は少なめにしましょう。

逆に洗顔料はたっぷりと使い、しっかりと泡立ててください。

目安は手を逆さまにしても、落ちないくらいの固さになるまでですね。

③泡パック専用の洗顔料を買う

最近は、最初から泡になっているタイプの洗顔料も販売されています。

手っ取り早く泡パックを行いたい方は、こちらの洗顔料を購入しましょう。

まとめ

泡パックはお金も時間も節約できて、多くのエステサロンでも取り入れられている方法です。

モチモチの泡を作るのに最初は苦戦するかもしれませんが、慣れればすぐにできるようになります。

肌にも優しい泡パックを、これからのスキンケアに取り入れてみませんか?

泡パックとは?簡単に毛穴ケアができるスキンケア方法を紹介!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次