ヘアケアで髪の毛のツヤを取り戻す方法を解説!

ヘアケアで髪の毛のツヤを取り戻す方法を解説!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

ヘアケアで髪の毛のツヤを取り戻す方法を解説!

美しい髪は、いつの時代も女性にとって重要性が高いものです。

古くから日本では、美しいツヤのある黒髪を褒めるのに「烏の濡れ羽色」と表現を使っていました。

現代では、髪を染めることやパーマをかけたりする方が増えています。

そのような方が悩まれるのは、やはり髪が傷んでしまいパサパサしたり切れ毛となってしまうことでしょう。

そこでヘアケアをしようという気持ちになる方も多いと思いますが、誤ったヘアケアをし続けることでツヤが失われた髪となってしまう可能性があります。

誤ったヘアケアというのも、多くの方がやりがちであることです。

本記事では、髪のツヤが失われてしまう原因、正しいヘアケア方法、傷んでしまった髪の毛のツヤを取り戻す方法について解説します。

目次

髪のツヤが失われてしまう原因

髪のツヤが失われてしまう原因をまとめました。

①無理やり髪をとかす

朝など時間が限られているときにやりがちである乱暴なブラッシング。

特に毛量が多い方は、早く髪とかしたいと焦ってやりがりな行動です。

絡まってしまっている髪を無理やりとかそうとすることで、髪がちぎれることや毛根から抜けてしまうということが起きてしまいます。

そうなることで頭皮や髪にダメージとなってしまい、ツヤのある健康な髪の毛が生えてきづらくなってしまいます。

②髪を濡らした後に自然乾燥させている

髪は熱に弱く、ドライヤーの熱で髪にダメージを与えてしまうということは有名なことです。

しかし、それ以上にダメージを与えてしまうのが「髪を自然乾燥させる」ことです。

中には、髪は熱に弱いからとさっとドライヤーをして残りは自然乾燥、もしくは完全に自然乾燥としている方もいるかもしれません。

そうしてしまうと、髪の内側にある水分までもが自然乾燥により蒸発するため、髪の潤いが失われパサつきやツヤ失われてしまうことに繋がるのです。

③間違ったシャンプーの方法

間違ったシャンプーの方法とは、爪を立てるようにゴシゴシ洗うことや泡立てていないことです。

そのようなシャンプーをすることで、頭皮の状態が悪化し、髪にダメージを与えてしまいます。

しっかり泡立てて、指の腹で優しく皮脂や古くなった角質を洗い落としましょう。

皮脂や古くなった角質などが残っている状態は、新しく生えてくる髪の毛に元気がなくなりツヤも失われてしまいます。

④ヘアカラー

髪を染められている方は多いですよね。

美容室では、ダメージを抑える方法なども提案してもおります。

しかしながら、ヘアカラーというのはどうしても髪にダメージを与えてしまうものです。

ヘアカラーというのは髪の表面にあるキューティクルをこじ開け、そこから内部に染料を定着させることで髪を染めることをしています。

そのためダメージ与えてしまうので、あまり頻繁にヘアカラーをする場合には注意をする必要があります。

⑤加齢

髪はタンパク質で出来ているイメージが強いかと思いますが、脂質も含まれています。

脂質があることでツヤが出ることになりますが、加齢に伴い脂質の量が減ってしまうため、それによりツヤが失われてしまいます。

基本となるヘアケア方法

基本となるヘアケア方法をステップ形式で解説します。

STEP
お湯で流す

早々にシャンプーで洗うのではなく、まずはお湯で汚れを洗い流しましょう。

STEP
シャンプーをする

爪を立てたりしてゴシゴシ洗うのではなく、指の腹を使って優しく洗いましょう。

STEP
シャンプーをしっかり洗い流す

シャンプーに含まれている成分が良いとしましても、しっかり洗い流さないと髪や頭皮にはダメージを与えてしまいます。

毛根をマッサージするかのようにして、しっかりと洗い流しましょう。

STEP
リンス(コンディショナー)をつける

リンス(コンディショナー)には油分があり、その油分により髪の毛をコーティングすることで乾燥の予防となります。

シャンプーをすることで油分も流れてしまいますので、しっかり油分を補給します。

STEP
トリートメントをつける

髪のツヤを出すのに欠かせないのが、髪の内側からケアをしてくれるトリートメントです。

毎日トリートメントをされる方もいれば、週に何度かヘアパックをするという方もいるかと思いますが、ご利用される製品の使用法を守ってトリートメントをされてください。

STEP
洗い流さないトリートメントをつける

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)をつけることで、より髪にツヤを出すことができます。

洗い流さないトリートメントをつける際は、髪の水分を軽く吸い取ってからにしましょう。

熱や乾燥に弱い髪の毛ですが、ドライヤーを使う際などのダメージから守ってくれます。

STEP
ドライヤーでしっかり乾かす

自然乾燥をしてしまうことで、髪のツヤが失われていってしまいます。

毛量が多いという方は、髪をブラシで持ち上げるようにしながら内側もしっかり乾かしましょう。

風量などパワーが弱いドライヤーですと、しっかり乾きづらく時間も要しますので買い替えも検討することをおすすめします。

しっかりと乾きましたら、髪から水分がそれ以上に蒸発することはありません。

一つ一つのステップをしっかりすることで、髪をしっかりケアすることができますので習慣にしましょう。

髪のツヤを取り戻す方法

髪のツヤが失われてしまった場合には、次に対処をしましょう。

①ゆっくりと優しくブラッシングをする

乱暴にブラッシングをすることで、髪の毛と頭皮には大きなダメージとなります。

ゆっくりと、優しくブラッシングをしましょう。

②ヘアカラーをやめる

髪の表面にあるキューティクルをこじ開けるということだけで、髪の毛にダメージが与えられてしまいます。

ヘアカラーをやめるという選択が一番ではありますが、まずは美容師に相談してみるのもおすすめです。

ダメージを極力与えないようなヘアカラーもありますが、染料を定着させるためにはキューティクルをこじ開けるのが事実としてあるため検討するようにしましょう。

③シャンプーをキューティクル保護効果がある物に変える

キューティクルを保護する必要がありますので、アミノ酸系やベタイン系の成分が配合されているシャンプーに変えましょう、

まとめ

正しくヘアケアをしていなかったり、ダメージを与えるようなことをしていますと、髪はおもむろにダメージが見てわかる程に出てきます。

日々のヘアケアを習慣化させることは、少なからずヘアカラーをする場合においてもダメージを最小限に抑えることもできるかもしれません。

ツヤのある髪は若々しさを感じさせるものであり、女性をより美しく見せるものでありますので、これからも髪の毛を大切にしてくださいね。

ヘアケアで髪の毛のツヤを取り戻す方法を解説!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次