髪痩せは年齢だけが原因とは限らない!髪が細くなる原因と予防方法を解説

髪痩せは年齢だけが原因とは限らない!髪が細くなる原因と予防方法を解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

髪痩せは年齢だけが原因とは限らない!髪が細くなる原因と予防方法を解説

「髪が細くなってきた…」

そんな悩みを抱いておりませんか?

まだ悩みを抱かれていない方も、これから先のことを考えてご覧になっていただきたい内容です。

女性の髪が最も美しく、そして太さもある状態というのは30歳前後だと言われています。

そして、その後は加齢とともに髪が細くなってくる「髪痩せ」が進行していきます。

この髪痩せというのは加齢以外にも原因があります。

20~30代前半の方で髪痩せで悩んでいる場合は、他の原因が理由かもしれません。

そのような原因に対するアプローチをせずにしていることにより、髪痩せはどんどんと進行してしまい美しい髪では無くなってしまうかもしれません。

本記事では、髪痩せの原因や予防方法、おすすめ製品紹介をしております。

まだ髪痩せを感じていない方も、これからも美しい髪を保つために参考にされてください。

目次

髪痩せの原因とは

加齢以外で髪痩せの原因となることをご紹介します。

①血行不良

健康な髪が生えてくるには、健康な頭皮であることが必須です。

健康な頭皮というのは、血行が良く新陳代謝が活発にあり頭皮のターンオーバーが円滑にされている状況です。

その状況であることで、古い角質が剥がれ落ち新しい頭皮になるために太く健康な髪の毛が生えるのです。

ターンオーバーが円滑にされなくなることで、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり髪痩せが起こります。

また、毛根に栄養を送るのは血液である栄養が届かないことで健康な髪の毛とならず、血行不良は髪痩せを促進させてしまうのです。

②栄養不足

栄養バランスを意識することなく、偏った食事を続けることで髪の毛に必要な栄養が摂取できておらず、血行に問題が無くとも髪の毛の栄養が足りていないことで髪痩せが起こります。

③シャンプーの方法

毛穴に皮脂が詰まることで髪痩せに繋がるため、頭皮のターンオーバーだけではなく正しくシャンプーをして皮脂を洗い流す必要があります。

シャンプーを泡立てて洗うとしっかり洗っている気になりがちですが、頭皮をしっかり洗えているかが重要です。

爪を立ててゴシゴシと洗うのではなく、指の腹でしっかりと洗うことで角質や皮脂が洗い流せるのです。

頭皮にダメージを与えるような洗い方や皮脂を洗い流せていないことで髪痩せを引き起こしてしまうのです。

④ダメージを与えている

頭皮や髪にダメージを与えることは、説明せずとも髪痩せに繋がることはおわかりいただけるかと思います。

ヘアカラー、パーマ、ドライヤー、ヘアアイロンなど、これらは頭皮や髪にダメージを与えますので、例えばヘアカラーをしたのであればトリートメントをしっかりするなど配慮することをしないと髪痩せの原因となってしまいます。

⑤ホルモンバランス

生理周期に伴うことだけではなく、ストレスや睡眠不足などによりホルモンバランスが乱れてしまうことが原因となります。

男性ホルモンは薄毛の原因となり、女性ホルモンのエストロゲンは育毛を促進します。

何らかの理由でエストロゲンの分泌量が減少することにより、髪の毛がうまく育たなくなるために髪痩せが起こってしまいます。

髪痩せの予防方法

それでは、髪痩せの予防方法をご紹介します。

①血行を促進させる

身体が冷えていたり運動不足など、ケアをして血行を促進させましょう。

そうすることで、頭皮の新陳代謝が活性化しターンオーバーが促進されるだけではなく、毛根に栄養が円滑に届けられることで元気な髪の毛が生えてきます。

②バランスを意識した食事をする

頭皮や髪の毛に必要な栄養素であるのが“たんぱく質”です。

肉や魚の動物性たんぱく質と大豆製品などの植物性たんぱく質、どちらもバランスよく食べるようにしましょう。

その他にも、ビタミンやミネラルをしっかり摂取する食事にしましょう。

③ホルモンバランスを整える

40歳以降で髪痩せを感じやすいのは、エストロゲンの分泌量が減少することに伴うものです。

納豆や豆腐に豊富に含まれている大豆イソフラボンやローヤルゼリーは、エストロゲンのように育毛効果が期待できますのでおすすめです。

ホルモンバランスはストレスや睡眠不足でも乱れてしまいますので、加齢に限定するものではありませんので要注意です。

④ストレスを解消する

ストレスによりホルモンバランスが乱れてしまい髪痩せを起こしてしまう可能性があります。

趣味などでストレスを解消したり、お風呂でリラックスするなどでストレスを解消しましょう。

⑤髪や頭皮にダメージを与えない

ヘアカラー、パーマ、ドライヤー、ヘアアイロンなど、頭皮や髪にダメージを与えないようにしましょう。

ヘアカラーやパーマは頭皮と髪の両方にダメージを与えてしまいますので、された場合はトリートメントなどのケアをするようにしましょう。

髪痩せが気になる場合は控えることをオススメしますが、どうしてもされたい場合は美容師に相談をしてみましょう。

おすすめ製品紹介

髪痩せを感じている方はもちろん、これから髪痩せを予防するためにおすすめしたい製品があります。

それは女性専門育毛剤 医薬部外品「ラフィー(Raffi) ヘア&スカルプエッセンス」です。

ラフィー(Raffi) ヘア&スカルプエッセンスとは

ラフィー(Raffi) ヘア&スカルプエッセンスは女性専用の育毛剤(医薬部外品)です。

髪と頭皮を知り尽くし、10万本以上売れたダメージケアシャンプーを開発したトップスタイリストによって新たに開発されて育毛剤となっています。

海藻類に多く含まれる髪に良く保湿力の高い「フコイダン」という成分が配合されています。

また、久米島の海洋深層水を採用していることで
・とても清潔
・ミネラルバランスが良い
・栄養が豊富
・性質が安定しているので養分が変質することがない
といったメリットもあります。

髪痩せだけではなく、薄毛や抜け毛など髪のダメージを感じているのであればおすすめです。

\ 製品詳細はバナーをクリック /

まとめ

髪痩せが起こるのには複数の原因があることがお分かりいただけたと思います。

加齢に伴い髪痩せは起こってしまうのが現実ですが、いかに長く美しい髪を維持するかは普段意識して実践すべきこと次第なのです。

若いから大丈夫ではなく、若いうちから意識をしてみましょう。

髪痩せは年齢だけが原因とは限らない!髪が細くなる原因と予防方法を解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次