毛穴レスな陶器肌を作る!ファンデの毛穴落ちを防ぐ下地って?

毛穴レスな陶器肌を作る!ファンデの毛穴落ちを防ぐ下地って?│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

毛穴レスな陶器肌を作る!ファンデの毛穴落ちを防ぐ下地って?

顔の大半を占めるベースメイクですが、ファンデーションの”毛穴落ち”について悩んでいる方はいませんか?

ポツポツとした『いちご鼻』を見るたびに、憂鬱になったりしていませんか?

ファンデが毛穴落ちする主な原因は、毛穴の開きと言えます。

毛穴が開くことによって、肌の乾燥やたるみを引き起こしてしまうのです。

今回は、ファンデが毛穴落ちする原因や、それを防ぐ下地について紹介します。

目次

実は危険!ファンデの毛穴落ちを気にしてやってしまうこと

毛穴落ちの原因になる、広がった毛穴。

毛穴が開く原因に、皮脂の過剰分泌・肌の乾燥・たるみなどが挙げられます。

皮脂はストレス・過度な洗顔・保湿不足などで起きます。

毛穴汚れを改善しようとして、無理に肌を擦って洗おうとしたり、角栓を無理に取ろうとすれば、肌には逆効果になってしまうのです。

とはいえ、洗顔を適当に行ってしまうと皮脂に汚れが残ったままになってしまい、その皮脂汚れが毛穴を開く原因になります。

適切な洗顔を行い、しっかりと保湿して、肌を労わることがファンデの毛穴落ちを防ぐための第一歩と言えるでしょう。

自分の毛穴について知ろう!代表的な毛穴の種類について

詰まり毛穴

詰まり毛穴の主な原因は、過剰な皮脂分泌と言えるでしょう。

過剰に分泌されてしまった皮脂が毛穴に残留したままになると、古い角質・皮脂・その他の汚れが混ざって、いずれ酸化します。

それはやがて、鼻の頭などの黒ずみにも繋がってしまうのです。

また、混ざった古い角質などは角栓となって毛穴を詰まらせ、ずっと開いた状態にしてしまいます。

特にオイリー肌の方は、毛穴が開きやすいと言えます。

でも、乾燥が気になる方も油断はできません。

乾燥は、毛穴を広げる原因になります。

肌の内側の水分が少ない乾燥肌のことを、インナードライ肌と言います。

インナードライ肌の場合、肌から水分を蒸発するのを防ごうとする働きにより、肌の表面に皮脂を分泌します。

表面上はオイリー肌のように見えるので、ここで皮脂を強く拭き取ったりすると、余計に肌が乾燥して、さらに肌が皮脂を過剰分泌するという悪循環を引き起こします。

とはいえ、インナードライかどうかって自分では判断しづらいですよね。

  • 普段はベタつきが気になるけど、洗顔後は肌がつっぱる
  • 見た目はうるおって見えるのに、ベースメイクのノリが悪い
  • キメが粗く、肌がゴワついている
  • 小鼻周りの毛穴の開きや皮脂詰まりが気になる
  • スキンケアの浸透が悪くなった

セルフチェックをしてみて、3つ以上当てはまったらインナードライの可能性が高いです。

特に洗顔後の肌のつっぱりや肌のゴワつきは、インナードライの特徴と言えます。

もし、インナードライかも?と思ったら、一度スキンケア方法を変えてみてもいいかもしれません。

黒ずみ毛穴

毛穴に詰まった角栓が酸化すると、色が黒ずんで目立つようになってきます。

色素沈着で黒ずんで見えるのは、主に紫外線によるダメージが原因となって、メラニンが生成されるからです。

また、毛穴パックなどで角栓を無理に取った際、炎症を起こしてしまうと、同様にメラニン色素が沈着します。

紫外線のダメージも、毛穴パックでの角栓ケアも、非常に強い肌ダメージになっていることが分かりますね。

たるみ毛穴

老化が原因で肌全体がたるみ、しずくのようになっている毛穴のことを言い、頬やほうれい線周辺に多く見られます。

紫外線・血行不良・加齢によるコラーゲンの減少によって肌の弾力が低下することや、急激に痩せたり、顔の筋肉が支えきれなくなることも、たるみ毛穴の原因になります。

たるみ毛穴を改善するためには、コラーゲンの生成を促進する成分や、保湿に優れた成分でスキンケアをすることが重要です。

コラーゲンの生成には、レチノールやビタミンC誘導体が効果的です。

高保湿成分には、ヒアルロン酸やセラミドが有効です。

加齢による肌の悩みは、気付いてからではなかなか改善しにくいですよね。

そうなる前に、あらかじめ対策しておくことが重要と言えます。

クレーター毛穴

ニキビの炎症が原因で、毛穴がデコボコにへこんでしまった状態の毛穴です。

毛穴がクレーターのようになっていて、炎症の痕が黒っぽくなっている場合もあります。

ニキビケアの失敗と言っても過言ではないクレーター毛穴は、スキンケアで完全に治療することは非常に難しいです。

代表的な治療法に、ダーマペンやフラクショナルレーザーといった施術がありますが、状態によっては何度も治療を重ねなくてはなりません。

日々のニキビケアが、いかに重要かが分かりますね。

2-5.開き毛穴

開き毛穴は、過剰な皮脂分泌が原因であることが多く、基本的に皮脂の多いTゾーン周辺にできることが多いです。

毛穴が丸いことが特徴で、脂性肌や男性に多く見られます。

毛穴の角栓を除去した後にも、毛穴は開きっぱなしの状態になってしまいます。

開き毛穴の改善には、洗顔と、その後の保湿が大切です。

また、糖分の過剰摂取に気を付けたり、ビタミンBやミネラルをバランスよく摂取するなど、食事にも気を付ける必要があります。

理想の陶器肌になる条件とは?

陶器肌といえば、肌の表面がむき卵のようで、凹凸のない、マットで透明感のある肌のことを言いますね。

毛穴の黒ずみやシミがないことも、陶器肌の条件と言えるでしょう。

角栓が詰まった状態の毛穴のままでは、いくらファンデで隠しても、表面はブツブツしてしまいます。

黒ずみ毛穴も同様に、ファンデの厚塗りだけで完全に隠すことはできません。

クレーター毛穴の場合も、毛穴がクレーター状になってしまっているので、この毛穴を埋めるようにしてカバーしなければ、見た目が汚くなってしまいます。

陶器肌になるには、まず、肌全体を平らにすることが大切です。

肌を平らにするように下地を塗り、なめらかに整えます。

その上からファンデをのせることが、陶器肌の条件になります。

毛穴の種類に合わせた下地の選び方

詰まり毛穴には「テカリ防止タイプ」

化粧した直後は綺麗なのに、時間が経つと皮脂による化粧崩れを起こしてしまう・・・。

そんな詰まり毛穴の方には、皮脂を吸着してくれるタイプの下地がおすすめです。

化粧崩れを防いでくれることの他にも、角栓の原因になる皮脂が毛穴に溜まってしまうのを防ぐ効果もあります。

乾燥肌による皮脂崩れを起こしやすい方は、過剰な皮脂分泌を抑えてくれる、保湿成分の入ったものを選ぶとよいでしょう。

黒ずみ毛穴には「ファンデーション密着タイプ」

ファンデで黒ずみのカバーはできても、厚塗りしてしまえば透明感が失われ、化粧崩れの原因にもなってしまいます。

下地だけではうまく隠すことのできない黒ずみ毛穴は、ファンデを密着させてくれるタイプの下地がおすすめです。

ファンデがしっかりと肌に密着すれば、黒ずみをカバーしながら、透明感も出すことができます。

どんな毛穴にも使える「ポアプライマー」

ポアプライマーは、毛穴(ポア)をカバーするための下地(プライマー)で、毛穴を隠して肌の表面を平らに整えてくれます。

毛穴の種類に関わらず使える、万能な毛穴カバー専用の下地です。

Tゾーンなどの毛穴が目立つ部分に使うことで、毛穴落ちを防ぎ、メイクの仕上がりをワンランクアップしてくれます。

特に毛穴が気になる部分には、指で叩き込むように塗ってあげましょう。

ファンデのノリを良くする効果はもちろん、皮脂吸着効果があるものもあり、マットな陶器肌を作るには、特におすすめです。

複数の化粧下地を使う

顔の部分によって毛穴の種類が違う場合は、複数の下地を使い分けるといいでしょう。

それぞれの肌や毛穴に最適なものを使えば、土台になるベースメイクをさらに綺麗に保つことができ、より美しい陶器肌になります。

まとめ

年齢や肌質によって、毛穴落ちの原因と対処法は変わってきます。

自分の肌や毛穴の種類を把握して、自分に合った化粧下地を見付けてくださいね。

顔の大半を占めるベースメイクが整えば、今よりさらにメイクが楽しくなるはずです。

毛穴レスな陶器肌作りには、素肌へのいたわりも大切です。

毛穴を埋める化粧下地も良いですが、その後のケアに気をつけることも忘れないでくださいね。

適切な化粧下地を使って、形のようにマットな陶器肌を手に入れましょう!

毛穴レスな陶器肌を作る!ファンデの毛穴落ちを防ぐ下地って?│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次