老け顔に関係大ありのミッドチークラインとは?その原因と対応方法に迫る

老け顔に関係大ありのミッドチークラインとは?その原因と対応方法に迫る│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

老け顔に関係大ありのミッドチークラインとは?その原因と対応方法に迫る

実年齢より上に見られると、なんだか気持ちが落ち込みますよね。

自分で鏡を見たら、「なんだか老け顔になった」と思った瞬間もあるはずです。

そんな老け顔の原因は、ミッドチークラインかもしれません。

シワは早くて20代、40代になると多くの人が気になる部分です。

ミッドチークラインも意外と知らない方も多い部分ですので、できる原因や改善する方法を覚えておくといいでしょう。

老け顔から抜け出したい!そんな方は、原因の部分から参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

ミッドチークラインってなに?

老け顔の原因につながるミッドチークラインとは、目頭から頬にかけてできる顔の線です。

線といっても描かれるものではなく、顔にできるシワですので、できないに越したことはありません。

ミッドチークラインは、斜めに走る線のようになるのが特徴で、漫画『ゴルゴ13』の主人公デューク東郷に似ていることから「ゴルゴライン」とも呼ばれます。

顔のシワの種類│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

「中頬溝」も同じ意味です。

さらに、ミッドチークラインは目の下から走るため、ぱっと見でもわかるほど目立ちます。

目のくまなどと同様に、疲れや年齢も感じさせるシワです。

ゴルゴラインということから、いかついイメージが出てしまうため、女性らしさを下げる要因ともなるのです。

ミッドチークラインは、シワの中でもとても深い溝になります。

化粧で誤魔化すのは難しく、対処はなかなか大変です。

ミッドチークラインの原因

筋肉の衰え

人の顔には、他の動物にはあまり見られない表情筋があります。

60以上の筋肉があり、喜怒哀楽などさまざまな表情を作り出すのです。

目の周囲や頬のあたりにも筋肉がありますが、衰えとともに皮膚にたるみが出てきます。

これがミッドチークラインの原因です。

表情が豊かな人や常にしゃべる機会がある人は筋肉に刺激を与え、衰えを防止できます。

ところが、あまり機会がない人は、表情筋をほとんど動かしません。

そのたね、どうしても衰えやすく、顔がこわばり、表情筋がこりやすいので注意しましょう。

眼精疲労と頬のむくみ

近年デジタル化の勢いは急激に加速しました。

パソコンやスマートフォンが当たり前となり、常にモニターを見る毎日です。

そうなれば、自然と目も酷使することが日常となり、眼精疲労に悩む人も増えました。

目が疲れると周辺の血行が悪くなり、リンパの流れにも影響を与えます。

新陳代謝も落ちはじめ、目の周辺にたるみが出るようになるのです。

これがシワとなり、むくみまで引き起こします。

このむくみが頬のあたりで段差となって、ミッドチークラインになるのです。

一見関係なさそうな眼精疲労ですが、目の疲れがリンパに影響することからも、普段から注意しなければいけません。

笑う癖

鏡を見て思い切り笑うと、目の下や頬周辺に溝のようなシワができることがあります。

無意識にシワができる笑い方をしていると、ミッドチークラインができやすいのです。

笑ったときにしかできない状況でも、普段の笑い癖が深いシワを作り出してしまいます。

始めのうちはなんてことはないと思っていても、時間とともに深く刻まれ、年老いて見せる可能性があるのです。

加齢と肌の衰え

肌はコラーゲンやエラスチンといった成分で肌のハリとツヤを作り出します。

若い頃はこうした成分が肌に豊富に存在しているため、肌にハリがあるのです。

シワやたるみができにくい理由ともいえるでしょう。

年齢とともに新陳代謝の衰えもあり、コラーゲンやエラスチンも減少し、新しい肌細胞も作り出しにくくなります。

肌からハリも弾力も失われていき、だんだんとツヤを失い、たるんでいくのです。

脂肪の蓄積と減少

年齢とともに新陳代謝が落ちると、顔に脂肪が溜まりやすくなります。

肌に弾力があったころから比べると、皮膚もハリを失いたるみ始めると、脂肪とともに垂れ下がり境界線をつくります。

その境界線はミッドチークラインとなり、ハリツヤのない老け顔となって目立つのです。

逆に加齢とともに脂肪が減る人もいます。

顔の脂肪が減少すると、頬がこけてくることで皮膚のたるみが余計に目立つケースもあるのです。

どちらも肌にハリがあれば気になりません。

しかし、ハリが失われたことで支えられなくなり、脂肪の変化とともにミッドチークラインというシワが表れてくるのです。

ミッドチークラインを解消!簡単マッサージ

顔の筋肉と骨の種類│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)
STEP
筋肉を緩める

頬骨のあたりに指を置きます。

そこから円を描くように、ゆっくりと優しく動かしましょう。

だんだんと力を入れて円を描くように筋肉をほぐします。

指先を使うと傷つけるので、腹の部分でマッサージするのがポイント。

最後は手のひらで軽く筋肉を動かします。

STEP
原因となりやすい小頬骨筋

頬骨の上を指の腹を使ってゆっくりと動かしていくと、コリッとした手ごたえを感じる部分があります。

ミッドチークラインの原因になる小頬骨筋です。

表情筋のひとつに挙げられる筋肉で、ミッドチークラインが目立つ人は、とてもかたくなっています。

指の腹を使ってほぐすマッサージを繰り返していくと、手ごたえを感じて見つけられるようになるでしょう。

だんだんと柔らかくなっていけば、ミッドチークラインも目立たなくなっていきます。

STEP
小頬骨筋を動かす

小頬骨筋は、つまめるほどシッカリしています。

指でつまんで上げながら、上下に動かしてみましょう。

これも筋肉を柔らかくできる方法で、ミッドチークラインの減少に役立ってくれます。

まとめ

肌にはさまざまなトラブルがあるものです。

肌荒れにハリの減少、目立つシワなど上げればきりがありません。

メイク次第で解決できる場合もありますが、誤魔化せないレベルのものも出てきます。

ミッドチークラインは、頬に深く刻まれます。

メイクでは、対応できない難しいシワです。

だからこそ、原因を見つけて解決するしかなく、予防の面でも少しずつ解決させるしかないのです。

表情筋は、衰えやすい筋肉と言われています。

若い頃は問題なくても、年齢とともにたるみが起こります。

そのため、日頃から意識して動かすようにして鍛えるとともに、血流やリンパの流れも意識して上げることが対策です。

新陳代謝を向上させることで、シワだけではなく肌荒れの対策にもなります。

デジタル機器が当たり前の現在、人との接触も減り、どうしても筋肉がこわばりやすくなる状況ができあがりました。

寝る前にマッサージするだけでもミッドチークラインに違いが出てきますので、小頬骨筋なども狙っていく必要があります。

マッサージをすると、頬や目の周辺の血流が良くなります。

むくみ解消にもつながるため、チャレンジしていきましょう。

毎日ケアは、若々しい肌ツヤを作るためにも大切です。

老け顔に悩んでいるのなら、まずは日常的にできることから改善していきましょう。

老け顔に関係大ありのミッドチークラインとは?その原因と対応方法に迫る│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次