無添加化粧品は肌に優しい?無添加であることのメリットを解説

無添加化粧品は肌に優しい?無添加であることのメリットを解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

無添加化粧品は肌に優しい?無添加であることのメリットを解説

無添加化粧品は肌に優しいと言われていますが、その理由はご存知ですか?

無添加化粧品というのは、どんな化粧品であるかご理解されていますか?

本記事では、無添加化粧品についての説明、無添加ではない化粧品が多い理由、無添加であることのメリット、おすすめ製品紹介をしております。

無添加化粧品を取り入れるか悩まれている場合に参考にされてください。

目次

無添加化粧品とは?

香料や界面活性剤、防腐剤などのアレルギーの元となる可能性がある人工添加物が添加されていない化粧品が無添加化粧品です。

厚生労働省がアレルギーの元となる可能性がある102種類の添加物を「表示指定成分」として2001年3月に定めています。

無添加ではない化粧品が多い理由

無添加の方が良いと思われるのは極自然なことですが、実際には人工添加物が添加されている化粧品はとても多く存在します。

人工添加物が添加されていれば、無添加化粧品と比較してアレルギーを引き起こす可能性が高まるなど、肌へダメージを与える可能性は高まるのは当然のことです。

しかし、それでも人工添加物は添加されている化粧品が多く存在しているのか。

最大の理由はコストカットです。

人工添加物は大量生産できることがほとんどであるために、コストダウンすることが可能となります。

ここでお伝えしておきたいことは、人工添加物が添加されている化粧品がすべて悪いということではないということです。

人工添加物が添加されている化粧品のほとんどは、肌トラブルを引き起こしてしまう程の添加をしていないのです。

製品化されるまでには、多くの試験を重ねて合格して3年間は未開封で品質保持ができるようにされています。

心配な方は成分表をしっかり確認されることをおすすめしますが、無添加化粧品であっても肌との相性がありますので、どちらにせよ使用前にパッチテスト(アレルギー皮膚試験)をされておくと安心でしょう。

無添加ではない化粧品が多い理由は、ユーザーが求めやすい金額での販売や大量生産ができるなど様々な理由があるということになります。

無添加であることのメリット

無添加化粧品は自然由来成分を中心にして製品化がされています。

解説しなくてもご理解されているかと思いますが、無添加であることのメリットは安心して使えるということです。

自然由来成分を中心にすることで製造コストが上がるため、無添加化粧品の販売価格は高めであることが多いのですが、肌トラブルがおこりづらいという安心を買うと考えれば安いと捉えられるかもしれません。

日々使うものであるため、安心して使えるかというのは化粧品を販売する大切な判断材料だと言えるため大きなメリットだと言えます。

おすすめ製品紹介

今回おすすめさせていただく無添加化粧品は

皮膚臨床薬理研究所と共同開発がされた“セラミドリッチクリーム 白漢しろ彩”です。

肌のバリア機能の主成分にセラミドという成分があります。

セラミドリッチクリーム 白漢しろ彩には、高濃度の天然ヒト型セラミドが配合されています。

乾燥や敏感肌、小じわが気になるという方に特におすすめしたい製品です。

そして本記事のテーマである

『香料・着色料・アルコール・パラベン・鉱物油』

といった添加物が無添加となっています。

ぜひ、詳細をご覧になられてみてください。

\ 製品詳細はバナーをクリック /

まとめ

無添加化粧品がどのような化粧品であるかご理解いただけましたでしょうか?

乾燥肌や敏感肌であったり肌トラブルが起きやすいという方で、いま無添加化粧品ではないということであれば購入してみて試してみると良いと思います。

あらゆる成分があり、そして数え切れない程の化粧品が出回っていますが、無添加であるかということを化粧品を選ぶ基準に加えてみてください。

あなたの大切な肌をケアしていくのにピッタリな無添加化粧品と出会えると良いですね。

無添加化粧品は肌に優しい?無添加であることのメリットを解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次