ネイルファンデーションはどんな時に使う?そのタイミングや塗り方のコツを解説!

ネイルファンデーションはどんな時に使う?そのタイミングや塗り方のコツを解説!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

ネイルファンデーションはどんな時に使う?そのタイミングや塗り方のコツを解説!

ネイルを綺麗に保ちたいとは思っても、そのお手入れが大変だと思われていたりしませんか?

そこで、今回おすすめするのが“ネイルファンデーション”です。

ネイルファンデーションは、はみ出して塗っても大丈夫なため、自分を不器用だと思われている方でも短時間でお手入れができます。

看護師や教師など、お仕事上の理由から派手なネイルにできない方にもおすすめなアイテムです。

本記事では、ネイルファンデーションがどんなものであり、どのように塗ると良いかなどネイルケア方法について解説します。

目次

ネイルファンデーションとは

ネイルファンデーションの存在を初めて知ったという方もいるかと思います。

ネイルファンデーションという名前のとおり、肌にファンデーションを塗るのと同じようにネイルに塗ります。

ネイルに塗ることで、爪の表面の凹凸を目立たなくさせることができます。

オークル系のナチュラルカラーであるため、自然なツヤを出すことができて綺麗な爪に見せることができます。

多少は塗ってはみ出してもほとんど目立つことはありませんので、普段ネイルのお手入れをしていない方や不器用な方でも簡単かつ短い時間で塗ることができます。

どんな時に使うの?

ネイルファンデーションは、もちろん日々使っていただいても良いのですが、その中でも使うことをおすすめする場面をご紹介します。

①爪を磨いている時間がない

爪を磨くとピカピカになるので良いのですが、結構時間と手間がかかるのが難点ですよね。

ネイルファンデーションであれば、爪の凹凸がたった1回塗るだけでも補正されるので、いろいろ忙しかったり爪を磨く気にならないときに使わることをおすすめします。

②お仕事上の理由で派手なネイルができない

看護師、教師、介護士、銀行員、などの職種やお勤め先が派手なネイルが禁止であるということがあります。

職種的に諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、ネイルファンデーションなら大丈夫です。

ネイルファンデーションは、パッと見では何かを塗っていることを気づかれることはほぼありません。

マニキュアは不透明であるために、いかにも塗っていると思われてしまうかもしれませんが、ネイルファンデーションは程よい透明感があって地爪が見えるでナチュラルな仕上がりになります。

ほんのりとしたピンク系の仕上がりにされたいのでしたら、2回塗ることがおすすめです。

③血色の良い爪にしたいとき

女性は、よく相手の手元を見ることが傾向として高いです。

爪の色が
・ピンク色の感じが薄くなっている
・白っぽく血色が悪い感じになっている
・黄ばんだ感じになっている
のような状態は、不健康そうに見えてしまい綺麗な爪とは言い難いです。

ネイルファンデーションなら、血色の良い綺麗な爪に見せることが可能です。

④マニキュアの欠けへの対処が多くできないとき

マニキュアは基本的に剥がれやすく、欠けてしまった場合は一度完全にオフをしてから再度塗る必要があります。

すぐに対処できなかったり時間を要するので、そのようなことが頻繁に起こってしまうと困りますよね。

ネイルファンデーションでしたら、ナチュラルな仕上がりになるものになりますので、剥がれるようなことがあっても目立つこともありません。

目立ち始めたら塗り直すくらいで十分ですので、お仕事や家事で忙しくされている方にはおすすめです。

⑤マニキュアの色ムラを気にする

マニキュアは色が濃いために、普段ネイルのお手入れをしていない方や不器用な方ですと色ムラが出やすくなります。

色ムラを修正しようと重ね塗りをしすぎると無駄な厚みが出るだけではなく、乾きにくさや剥がれやすくなるなどしてしまいます。

ネイルファンデーションは、ナチュラルカラーということもあり色ムラがほとんど目立ちません。

なので、とても簡単に塗ることができます。

⑥ジェルネイル風にしたいとき

ネイルファンデーションは、ナチュラルな仕上がりになることがおすすめポイントです。

ただ、塗る回数を増やすことで厚みが出るのでジェルネイル風になり楽しむことができます。

塗る回数によってのイメージは
1回:ツヤ感が出る
2回:ほんのりピンク色
3回:ジェルネイル風
というように捉えていただければと思います。

ジェルネイル風を楽しみたいときは3回塗ってみてください。

⑦ベースコートの代わりにしたいとき

ベースコートに、ネイルファンデーションはとてもおすすめです。

ネイルファンデーションは速乾性ということ、そして爪の表面の凹凸を整えて健康的な色味となるので、マニキュアをその上に塗ると発色が良くなるのでおすすめです。

ネイルファンデーションを綺麗に塗るコツとは

普段ネイルのお手入れをしていない方や不器用な方でも綺麗に、そして簡単に塗ることができるネイルファンデーション。

そんなネイルファンデーションを、意識すべきポイントをおさえておけば綺麗な仕上がりにできます。

ネイルファンデーションの塗り方のコツをご紹介します。

①ベースコートとトップコートを使う

ネイルファンデーションだけを使うだけでも、ナチュラルに綺麗に仕上がります。

より綺麗に仕上げ、そして長持ちさせたいという場合はベースコートとトップコートを使いましょう。

これら2つを使うことで、綺麗な状態を長持ちさせることが可能です。

②塗り重ねる場合は薄く塗る

塗り重ねる場合に見栄えを良く仕上げるには、薄く塗り重ねていくことがコツです。

1度にたっぷり塗ってしまうと、ボテッとした感じになり見栄えが悪くなってしまいます。

塗り重ねる場合は薄く塗ることを覚えておいてください。

③爪をリムーバーで拭く

ネイルファンデーションを塗る前に、リムーバーを綿棒に含ませて爪を拭きましょう。

爪に付着している油分や汚れを落とすことで、綺麗に塗ることができます。

まとめ

ネイルファンデーションの良さはお分かりいただけましたでしょうか?

爪の凹凸を整え、健康的かつ綺麗にネイルを仕上げることができるネイルファンデーション。

ネイルファンデーションであれば、短い時間で仕上げることができるだけではなく、もし剥げても目立ちにくいので頻繁にお手入れをする必要がありません。

ベースコートにも活用できますので、日々のネイルケアにネイルファンデーションを取り入れられてみてくださいね。

ネイルファンデーションはどんな時に使う?そのタイミングや塗り方のコツを解説!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次