忙しい朝でもボサボサヘアはNG!簡単にできる寝癖直しの方法を解説します!

忙しい朝でもボサボサヘアはNG!簡単にできる寝癖直しの方法を解説します!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

忙しい朝でもボサボサヘアはNG!簡単にできる寝癖直しの方法を解説します!

ガンコな寝癖に悩まされることはありませんか?

どんなにブラッシングしても直らない寝癖。

誰でも一度は経験しているでしょう。

朝は誰でも時間がないもので、酷い寝癖を見つけたらパニックになることも珍しくありません。

「毎朝の寝癖直しなんかしたくない!」と叫びたい人も多いはずです。

実は誰でも簡単に寝癖を直すヘアセット方法があり、忙しい朝の時短方法にもつながります。

寝癖の予防方法も解説しますので、ぜひ参考にしてください!

目次

寝癖はなぜできる

なぜ寝癖になるのでしょうか?この原因を理解することが、最適なヘアセット方法を理解するポイントです。

髪の水分量

寝癖になる主な原因は、「髪の持つ水分量」です。

髪を洗った後、乾かしたとき、ある程度髪型が決まっていると思いませんか?

寝癖がついても洗えばなんとかなると思いますよね。

斜め前髪を作りたいとしたら、ちょっと濡らしてからドライヤーでセットする人も多いでしょう。

ここに寝癖のヒントがあります。

なぜなら、髪は「濡れているときのほうが癖がつく」という性質があるからです。

夜入浴して髪を洗い、濡れたままや半乾きで放置していれば、思いもよらない爆発状態だった経験があるはずです。

そして、そのまま寝てしまえば、枕に押し付けられて、朝にはさらにひどい状態になってしまいます。

では、髪をしっかりと乾かしたのに寝癖がつくのはなぜでしょうか。

これは寝汗などの水分が原因になっている可能性があります。

人間は寝ている間にかなりの汗をかきます。

この寝汗の量が多いと、睡眠中に髪が濡れることもあるのです。

これも寝癖になる原因につながります。

髪質やコンディション

寝癖には髪質も関係します。髪が硬く太い人は、細く柔らかい人より寝癖がつきやすい傾向があります。

一度寝癖がついたら直せないというのも、こうした髪質の人です。 

頑固な寝癖も簡単に直す!

鏡を見たらげっそりするようなひどい寝癖。

慌ててブラッシングをしても、簡単に治るものではありません。

大事なことは時短です。忙しい時間でも、ひどい寝癖を直すヘアセット方法があります。

髪の根元を濡らしてドライヤー

寝癖を直そうとすれば、癖がついた部分を濡らすという発想になりがちです。

水分を与えるのは、「髪の根元」が大切。寝癖は根元からセットし直さないと直りません。

寝癖が付いている部分の地肌周辺をしっかりと濡らし、タオルで水気をとります。

ドライヤーをあてながら、ブラシで真っ直ぐに伸ばしましょう。

髪全体というより、根元だけに風をあてる感じで大丈夫です。

ストレートアイロンを使う

もっと真っ直ぐに寝癖を直したいなら、ストレートアイロンが便利です。

ストレートアイロンは髪の根元からセットするには不向きなので、ドライヤーで直してから使うといいでしょう。

寝癖部分に温かい蒸しタオルを当てる

朝、髪の根元を濡らす時間はない人もいるはずです。

そんなときに有効なのが蒸しタオルを使った方法で、時間もそこまでかかりません。

水で濡らしたタオルを軽く絞ります。

これをラップで包み、電子レンジで1分温めましょう。このタオルを寝癖がついた部分にのせます。

蒸しタオルの蒸気が、髪の毛についた寝癖をとき、柔らかくするのです。

大量の水分を使わないので、ドライヤーで乾かす時間はかなり抑えられます。

ヘアセットの時短にぴったりですが、寝癖は根元からセットしてくるのを忘れずに。

寝癖直しウォーターを使う

さらに時間がない人もいるかもしれません。

蒸しタオルはかなり時短な方法ですが、市販の寝癖直しウォーターを使うとさらに時短できる方法があります。

究極の時短ヘアセットですが、まずはブラシでしっかりと髪をとかしましょう。

髪全体に寝癖直しウォーターを吹きかけて、ドライヤーでセットするだけです。

寝癖直しウォーターは、コラーゲンや保湿成分を配合しています。

ドライヤーの熱ダメージを軽減できるのがメリットです。

寝癖直しとは言えども、長時間ドライヤーの熱を与えることに不安がある方でも、安心して使えます。

寝癖直しウォーターの中には、水よりも早く乾く商品もあります。

いつも時間がなくて困る人は、こちらの速乾タイプを使ってみるのもいいでしょう。

ただし、髪質に合わない場合もあるので注意も必要です。

寝癖の予防が大事

寝癖ができなければ、朝に余計な時間も取られません。

これがなによりも大事なポイントです。

寝癖直しの手間を省くためにも、対策を取っていきましょう。

タオルドライはドライヤーの前

寝癖予防には、髪を乾かすことが重要です。水分量を下げることで、寝癖が付きにくくなります。

髪を洗った直後は水分量が多いため、ドライヤーを長時間あてて乾かす人も多いでしょう。

ですが、これが余計な水分を残し、ドライヤーの熱を長時間あてる原因になるのです。

ドライヤーでブローする前には、タオルドライでしっかりと余分な水分を吸い取ります。

タオルで髪を擦ると切れ毛の原因になるので、吸水性のいい大きめのものを用意しておきましょう。

ぽんぽんと叩くように優しく吸い取るのがポイントです。

ドライヤーの冷風で仕上げをする

ドライヤーの温風で髪を乾かしたら、冷風に切り替えます。髪の根元を乾かすときに、余計な熱を与えないことが大切です。

冷風で髪を一気に冷やすので、髪に水分が含みにくくできるのです。

寝癖防止に有効な方法ですので、冷風を1分間あて真っ直ぐな状態を作りましょう。

髪を内巻きにして寝る

朝、髪を濡ら素時間がない人のなかで、外はねがひどい人は眠るときの対策が大切です。

タオルを首に巻いて寝ると、髪は自然と内巻きになります。

この方法を使うだけで、外はねが起こりにくくなるのです。

少し邪魔な感じがしますが、時短できる方法なのでおすすめですよ。

仰向けで寝る

寝るときに体を横にすると、髪の片側だけが枕に強く押し付けられます。

起きたとき、不自然な寝癖になる原因です。

仰向けで寝る癖をつけると、重みが平均的に掛かるようになり、寝癖がつきにくくなります。

もちろん、慣れるまで大変ですが、意識してみるといいでしょう。

まとめ

寝癖の主な原因は「髪の水分」です。

髪を洗った後に乾かす方法から朝の寝癖は始まっています。

しっかりとタオルドライをしてから、ドライヤーで乾かし、冷風をあてる週間を付けていくといいでしょう。

寝癖直しや防止対策で重要なのは、髪の根元です。

髪の癖は根元からついてきます。

ドライヤーの冷風で乾かして癖をつけると、寝ている間も癖がつきにくくなるので覚えておきましょう。

いろいろな方法がありますが、大事なことは日々のケアです。

朝の時間を大切にするためにも、一度見直してみるのがおすすめです。

忙しい朝でもボサボサヘアはNG!簡単にできる寝癖直しの方法を解説します!│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次