シミやそばかす対策に必須!ビタミンC誘導体の凄すぎる効果を解説

シミやそばかす対策に必須!ビタミンC誘導体の凄すぎる効果を解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

シミやそばかす対策に必須!ビタミンC誘導体の凄すぎる効果を解説

ビタミンCを一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

ビタミンCといえば、美容に良い成分の1つとして挙げられます。

そんなビタミンCですが、肌に塗布しただけでは十分な実力を発揮できないという欠点があります。

ただ、この欠点を改良して誕生したものが今回のキーワードであるビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は色々な化粧品に配合されていますが、具体的にどんな成分なのか、知らない方も多いでしょう。

そこで本記事では、ビタミンC誘導体について詳しくまとめました。

美容効果や使用時の注意点など、じっくりと解説いたします。

目次

ビタミンC誘導体とはどんなもの?

ビタミンC誘導体の基本的な内容を抑えていきましょう。

ビタミンCの進化体「ビタミンC誘導体」

冒頭でもお話しましたが、ビタミンCは意外にも欠点だらけです。

化粧水に混ぜてもすぐに酸化すること、肌は水溶性のものを弾きやすく、ビタミンCも水溶性に当たるため、とても浸透しにくいのです。

ですので、ビタミンCそのものは、美容効果にあまり期待できません。

ビタミンCを何とか化粧品に使うことはできないのか?

そこで誕生したのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCにリン酸やパルミチン酸などの分子を繋げております。

これらの分子は、酸化の原因である活性酸素の影響を受けにくくなり、成分の品質が低下するのを予防できます。

これにより、通常のビタミンCよりも、高い美容効果に期待できるのです。

1つだけじゃない?ビタミンC誘導体の種類とは?

「ビタミンC誘導体」と言っても、色々な種類が存在します。

3種類まとめましたので、ご紹介いたします。

水溶性ビタミンC誘導体

「水溶性ビタミンC誘導体」は、水に溶けやすい性質を持つタイプです。

化粧水などによく使われます。

また、とても酸化しづらく、すぐ肌に浸透するのもポイントです。

脂溶性ビタミンC誘導体

「脂溶性ビタミンC誘導体」で、油に溶けやすい性質を持つタイプです。

こちらは、クリームなどによく使われています。

人間の肌は水分と油分が混ざった細胞の層があり、水溶性の成分を弾きやすい傾向にあります。

しかし、そこに脂溶性ビタミンC誘導体が入ることで、ビタミンCが肌に浸透しやすくなります。

そのため、化粧品に配合する際も、水溶性と脂溶性の2種類が配合されている事が多いです。

脂溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体よりも肌への負担が少なく、保湿力もあります。

時間はかかるものの、肌に浸透しやすいです。

進化型(新型)ビタミンC誘導体

「進化型(新型)ビタミンC誘導体」は、水溶性と脂溶性の両方の特徴を兼ね備えたタイプです。

その浸透力は、なんと通常のビタミンCの100倍にも及びます。

肌内部のずっと奥にある真皮にまでビタミンCが浸透し、コラーゲンの合成に働きかけます。

そのため、老化現象に当たるたるみ肌やシワのケアにも効果を発揮するのが特徴です。

ビタミンC誘導体が発揮する美容効果

ここからは、ビタミンC誘導体の美容効果に迫ってまいります。

4つまとめました。

①シミやそばかすなど、色素沈着を予防

ビタミンC誘導体は、厚生労働省に認可されている美白有効成分の1つです。

シミやそばかすなど、色素沈着によって起きる肌荒れを防ぐ効果が認められています。

②テカリ対策

ビタミンC誘導体には、テカリの元となる皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

皮脂の量が上手く調整されるため、脂性肌の方からすれば有難い役割です。

皮脂の過剰分泌を改善できれば、テカりからくる化粧崩れや皮脂が原因でできやすくなるニキビなど、様々な肌荒れ対策に繋がります。

③ニキビ対策

テカリ対策でもお話しましたが、皮脂の過剰分泌を抑えることでニキビの予防もできます。

というのも、皮脂が過剰に分泌されると、古い角質と皮脂が混ざり合うことで、毛穴に詰まります。

すると、これを好物とするアクネ菌が繁殖し、ニキビができ、炎症をも引き起こしてしまいます。

しかし、ビタミンC誘導体の皮脂量コントロールによって、ニキビを対策できるのです。

さらに、ビタミンC誘導体は炎症を抑える働きもあるので、ニキビの悪化を防ぐのにも期待できます。

④アンチエイジング効果

活性酸素は肌の細胞を酸化させ、老化を促進させる厄介な存在です。

しかし、ビタミンC誘導体には、活性酸素の影響を受けにくくする効果があります。

また、肌のターンオーバーを安定させる働きも備わっています。

古い肌細胞と新しい肌細胞がスムーズに入れ替わることで、若々しい肌を保つことができます。

たるみやシワなど、老化現象の改善に役立つでしょう。

ビタミンC誘導体を使用するときの注意点

ビタミンC誘導体は、皮脂分泌をコントロールする力が強いです。

そのため、肌質や季節によっては、肌が過度に乾燥してしまう可能性があります。

肌が乾燥しやすい方は、使用を控えた方がいいでしょう。

どうしても使いたい場合は、刺激が弱く乾燥もしにくい、進化型ビタミンC誘導体を推奨します。

まとめ

ビタミンC誘導体は、シミやシワ、ニキビなど、様々な肌荒れ対策を見込める成分です。

これらの肌荒れにお悩みの方は、ぜひ今後のスキンケアに導入してみてください。

ただ、皮脂の分泌量をコントロールする影響で、乾燥肌や敏感肌の方が使う場合は注意が必要です。

乾燥肌や敏感肌での使用を希望される人は、負担の少ない進化型ビタミンC誘導体を選ぶといいでしょう。

シミやそばかす対策に必須!ビタミンC誘導体の凄すぎる効果を解説│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次