普通のスクワットよりもいい?ダイエットも見込めるワイドスクワットとは?

普通のスクワットよりもいい?ダイエットも見込めるワイドスクワットとは?│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

普通のスクワットよりもいい?ダイエットも見込めるワイドスクワットとは?

脚やせや脚の引き締めを狙ってスクワットする人も多いでしょう。

ですが、スクワットにはダイエットの効率を上げられる「ワイドスクワット」と呼ばれるものもあります。

ただ、「ワイドスクワットって何?」ですよね。

そこで本記事では、ワイドスクワットについてまとめました。

美容にも効果的でダイエットにも繋がるワイドスクワットの知識を身につけ、スタイルアップを目指して実践してみませんか?

目次

通常のスクワットとちがうワイドスクワットとは

ワイドスクワットは、通常のスクワットと少し違います。

足の開きに違いがあり、エクササイズとして有効な方法だからです。

ワイドスクワットでは、内ももを重点的に鍛えられます。

太ももを細くしたいなら、最適なエクササイズになるのです。

スクワットは、これまでさまざまなフォームが作られてきました。

その中でもワイドスクワットのフォームは簡単です。

あまり運動をしてこなかった初心者でも複雑なことをしないでできる手軽さに魅力があります。

ダイエットメニューというと、なにかにつけて複雑と思うことも多いでしょう。

一般的なスクワットよりも簡単で、腰を痛めにくいメリットまである方法なのです。

ワイドスクワットはどんな効果がある?

ワイドスクワットはダイエットしたい人に注目されるようになった方法です。

手軽だけどしっかりした効果をもたらすからこそ、多くの人が取り組んできました。

すっきりとさせられる内転筋群

太ももの内側にある5種類の筋肉を総じて内転筋群と呼んでいます。

内転筋群を鍛えると、全体的に太ももを引き締めることになるので、すっきりとした脚やせ効果が期待できるのです。

膝が開くO脚の改善

O脚は、内転筋群が弱いため膝が広がる状態です。

骨盤の支えも弱く、抑えることができていません。

内ももの筋肉を鍛えれば、O脚の改善に繋がります。

ワイドスクワットでは内転筋群を鍛えられるため、太ももが引き締められると同時にO脚改善に寄与すると考えられている方法です。

ヒップアップ効果

内転筋群だけでなく、お尻の大臀筋や太もも裏にある筋肉もワイドスクワットで鍛えられます。

ヒップアップに効果があるのは、背面の筋肉も刺激するからです。

通常のスクワットではそこまでの刺激を与えられないため、ヒップアップ効果で差が出てきます。

ダイエットの効果が出やすい体質を作る

ダイエットに大切なのは基礎代謝です。

エネルギーを使う体質を作らなければ、運動や食事制限をしても効果は出てこなくなります。

人間のエネルギー消費の大半は、普段の生活の中です。

特別運動しているときではありません。

基礎代謝が上がると、自然と脂肪の燃焼が大きくなります。

その分だけダイエットの効果も出やすくなる仕組みです。

基礎代謝が改善してくると、体内の老廃物を排出しやすくなり、むくみの改善などにもつながります。

便秘を原因とする肌荒れやぽっこりお腹などの悩みも改善してくるのです。

基礎代謝に大きな影響を与えるのは、全身の筋肉量です。

ワイドスクワットで下半身を鍛えていくと、主に太ももなどに改善がみられます。

太ももには全身でも最大クラスの筋肉があるため、自然と基礎代謝が向上するのです。

効率よくダイエットを目指すなら、ワイドスクワットは理想的な方法といえるでしょう。

姿勢の改善

ワイドスクワットは、下半身の太ももなどの筋肉を中心に鍛えていきます。ですが、上半身の筋肉も同時に刺激を与え鍛えられる方法です。

スクワットは腕も使い全身の筋肉を動かしています。普段使わない上半身の筋肉も刺激し、衰えを改善するため、姿勢改善にも効果があるのです。

しっかりとしたフォームで行えば、背骨周辺にある「姿勢保持筋」と呼ばれる筋肉も刺激できます。この周辺の筋肉を鍛えることで、疲れとともに出てくる猫背などの改善が期待できるのです。

ワイドスクワットの方法は?手順を紹介

さまざまな効果が期待できるワイドスクワットは、怪我をしないためにも正しい方法で実践していきましょう。

覚えておこうワイドスクワットの手順

STEP
脚を肩幅よりも大きく広げる

脚を肩幅の1.5~2倍程度にまで広げて立ちます。

STEP
膝と爪先を外向きに

脚を広げ、膝と爪先の角度を45度外側になるようにしましょう。少しきつく感じる角度です。

STEP
両手の位置

両手の位置は、一定にします。頭の後ろに添えたり、前に伸ばしたりするのでも構いません。腰に当てるのでも問題ありませんが、手の位置を動かさないことが大切です。

STEP
腰を落とす

まずは胸を張ります。背筋をしっかりと伸ばしてから、目線は真っ直ぐ水平に前を見ましょう。お尻と太ももが床が平行になるまで、ゆっくりと膝を曲げて腰を落とします。

ポイントは、お尻を後ろに突き出すイメージです。この感じで膝を曲げると、負担を抑えて筋肉を使えます。ワイドスクワットは、膝と爪先の位置関係が重要です。爪先よりも前に出ないようにすると、自然とお尻が後ろに突き出ます。

スクワットなどの運動は、どうしても呼吸を止めてしまいがちです。筋肉が緊張したままになるため、ゆっくりと呼吸しましょう。

STEP
ゆっくりと膝を戻す

腰を落としてからだいたい30秒くらいかけ、ゆっくりと戻します。

ワイドスクワットはどれぐらいの回数がいいか

ワイドスクワットは1回20回を3セットが理想です。

始めはやり方もわからず、身体も慣れないので、1回10回~15回にしておきましょう。

まずは1日に2~3セットから始めれば、徐々に身体が慣れてきます。

脚に痛みを感じたときには、無理をしてはいけません。

怪我をするためにするわけではないので、回数を減らしながら調節することも大切です。

痛みが強く出るときは、フォームをチェックしましょう。

姿見などの大きな鏡の前で正しいフォームかチェックします。

特に膝と爪先、腰の動きをチェックしてみると、正しいか判断しやすくなるでしょう。

慣れてきたら負荷を増やす

ワイドスクワットに慣れてきたら、負荷を増やすこともできます。

自重を使ったトレーニングなので、ダンベルを両手に持つだけで負荷を増大できるからです。

女性の場合、500gや1kgのダンベルでもかまいません。

ないときにはペットボトルに水を入れてもダンベル代わりにできます。

あまり重くするのではなく、負担の少ないところから始めていくと怪我を防止できるのでおすすめです。

まとめ

ワイドスクワットはm内ももの筋肉を重点的に鍛えられる方法です。

筋肉が引き締まり、脚やせに効果的なだけではありません。

筋肉量を増やし、基礎代謝を向上させることで、ダイエット効果の出やすい体質にできるのです。

O脚の改善やヒップをキュッと持ち上げ、姿勢の改善につながるなど、いろいろな効果を期待できます。

ワイドスクワットは、全身のプロポーションを整えるエクササイズです。

脚やせだけでなく、一般的なダイエットメニューに取り入れてもいいでしょう。

ダイエットしながら、綺麗なプロポーションを作りたい方は、ぜひ挑戦してみてはいかがですか?

普通のスクワットよりもいい?ダイエットも見込めるワイドスクワットとは?│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次