ゆらぎ肌とは?秋に起きやすい肌荒れ現象に迫る

ゆらぎ肌とは?秋に起きやすい肌荒れ現象に迫る│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)「

美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)がお届けする今回のテーマは

ゆらぎ肌とは?秋に起きやすい肌荒れ現象に迫る

肌がある日、少しだけいつもの調子と違うと感じる事はありませんか?

その状態、もしかするとゆらぎ肌かもしれません。

ゆらぎ肌とは、肌の調子が健康な時と比べて、少しだけ違う状態の事です。

その症状は様々で、肌がカサカサ、ハリがなくなる、ピリピリと刺激を感じることが挙げられます。

いつも通り念入りにスキンケアをやっているのに、どうしてこのような事が起きてしまうのでしょうか?

本記事では、ゆらぎ肌の原因に迫りつつ、改善するためのスキンケア方法に迫ってまいります。

目次

ゆらぎ肌の原因は?

ゆらぎ肌の原因は、肌の乾燥にあります。

紫外線や摩擦など、肌が外部から刺激を受けると、皮脂の分泌が減少したり、肌のバリア機能が低下したりします。

これにより、肌の水分が失われ、乾燥してしまうのです。

また、バリア機能を失った肌は敏感でもあるため、わずかな刺激にも反応し、様々な肌荒れが起きます。

ゆらぎ肌は秋に要注意!3つの理由に迫る

ゆらぎ肌に最も気を付けたい季節は秋です。

3つの理由をまとめました。

①湿度と気温の低下

人間の肌には細胞間脂質によって、角層細胞の隙間を埋めております。

ところが、細胞間脂質の働きに乱れが生じると、水分がどんどん蒸発し、やがて乾燥してしまいます。

夏から秋は湿度が低下して乾燥しやすい時期であるため、こうした事が起きやすいのです。

一度ゆらぎ肌が起きると、細胞間脂質がうまく働かなくなり、いつも通りの保湿だと物足りなくなります。

また、秋は冬に向けて気温が低下していきます。

気温が低下すると「タイトジャンクション」といって、肌の細胞同士を繋いでいるものの働きが弱まり、細胞がバラバラになります。

細胞がバラバラになることで隙間が生じ、水分が抜けやすくなってしまうのです。

②血行不良

秋の寒さは血行不良も起きやすいです。

血行不良に陥ると、肌に栄養が行き渡らなくなり、健康な状態を保ててなくなります。

肌のターンオーバーも乱れ、乾燥を始め、様々な肌荒れが起きます。

③衣替え

着る服によっても、ゆらぎ肌の原因となることがあります。

それは衣替えが大きく関係しています。

気温が低下すると、暖かい素材の服を着る人が増えるでしょう。

中でも気を付けたいのはニットです。

ニットは触るとチクチクしますが、それが肌にも負担がかかっています。

特に乾燥状態の肌にチクチクとした刺激が加わると、乾燥が悪化します。

ゆらぎ肌の対策方法6選!

ゆらぎ肌を対策するには、どうすればいいのでしょうか?

6つの方法をまとめました。

①肌に刺激を与えない

肌は非常にデリケートなので、小さな刺激も避けましょう。

例えば、洗顔時はゴシゴシとするのではなく、優しく洗うのがコツです。

泡タイプの洗顔料なら、泡を転がして洗うイメージですね。

②乾燥肌用の化粧水を使う

ゆらぎ肌は乾燥が原因でもあるため、保湿成分がたっぷり配合された化粧水の使用をおすすめします。

中でもセラミドが配合された化粧水は、細胞間脂質の働きそのものを改善してくれる役割があります。

コラーゲンやヒアルロン酸など、定番の保湿成分でも大丈夫ですが、なるべく濃度が高い物を選ぶようにしましょう。

ただし、ホルモンバランスが崩れているときは、たっぷり配合された美容成分が肌に悪影響を与える可能性があります。

生理時など、ホルモンバランスが崩れやすいときは、シンプル処方の化粧水を使用しましょう。

③温かい服装を心がける

寒いと血管が収縮し、肌に必要な栄養が行き渡らなくなります。

気温に応じて温かい服装を心がけましょう。

特に秋は昼と夜で寒暖差が大きい時期でもあります。

昼間は暖かくても、夜は寒くなっていることが珍しくはありません。

そのため、カーディガンなどの羽織ものを用意しておきましょう。

ただ、先ほども話しました通り、ニットはチクチクが刺激を与えてしまうことがあります。

ニットを着るときは、シャツの上に重ね着して肌に刺激が加わらないようにしましょう。

④冷たい食べ物や飲み物を過剰摂取しない

冷たい食べ物や飲み物を過剰に摂取すると、体が冷えて血行を悪化させます。

特に寒い時期は要注意です。

冷たいものを摂取した後は、温かいものも摂るようにしましょう。

例えば、ホットドリンクを飲むだけでも、体の内側から温まりますよ。

他にも生姜湯はおすすめです。

お湯の温かさと生姜の作用の相乗効果で体がとても温まり、血流が改善されます。

⑤運動で筋肉をほぐす

運動をすることで、凝り固まった筋肉をほぐすことができます。

ストレッチやウォーキングなど、軽い運動を行うだけでも体が温かくなりやすいです。

また、運動をすればすっきりとした気分にもなるので、ストレス解消にも期待できます。

⑥抗酸化作用のある食べ物を食べる

抗酸化作用といえば老化防止に役立つイメージですが、バリア機能の回復を手助けしてくれる役割もあります。

そのため、免疫力が弱っている時には、抗酸化作用の含まれた食べ物を摂取するといいでしょう。

抗酸化作用が含まれる食べ物は以下の通りです。

・ゴマ

・緑茶

・ベリー類

・トマト

・いちご、などですね。

今後はこれらの食べ物を摂りいれてみるといいでしょう。

食事で摂り入れるのが難しい場合は、サプリメントを利用するのもありです。

まとめ

ゆらぎ肌は秋になりやすいと言われていますが、元の原因は乾燥にあります。

乾燥自体は年中起きる事なので、秋以外だからと油断せずに対処していくことが大事です。

ゆらぎ肌が起きないよう、本記事でお話した内容を活用してみてください。

ゆらぎ肌とは?秋に起きやすい肌荒れ現象に迫る│美容情報サイト Beauty Web(ビューティーウェブ)「

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次